提案されるプログラムの期限は最大2年間です. NINSとDAADは、自国の研究者の国際交流のための経費をそれぞれ負担します. 提案者はNINSの研究者に限られますが、共同研究者としてNINS外の研究者を含むことは可能であり、 その国際交流経費も支援の対象となります. プログラムの目的は、日本学術振興会の二国間交流事業と共通するところもあります.

 国際共同研究計画についての十分な協議に基づいて、日本とドイツの研究者がそれぞれ、 NINSとDAADに提案書を提出します.それぞれの国内で開催される独立の審査会の後に、 日本とドイツとの合議により採択課題が決定されます. 2021年4月から2023年3月の期間(日独共通)の交流計画提案を募集します. 毎年新規提案を3件程度採択する予定です.

プログラム実施スケジュール
(2020年度公募)

  • プログラム全体説明文
  • 【2020年8月31日  公募締め切り】
    【2020年12月中旬 採択発表】
    【2021年4月1日 交流プログラム開始】

    【申請書類】
    (1)交流計画書
    (2)研究提案
    (3)1ページサマリ